マグネット式のフィットネスバイクとは?他の負荷方式についても解説

フィットネスバイク

フィットネスバイクについてマグネット式って何?とご質問がありましたので、記事にしてみたいと思います。

フィットネスバイクとは

フィットネスバイクは屋内で自転車型のマシンを漕いでカロリーを消費したり体を鍛えたりするものです。

フィットネスバイクにはどのような負荷方式がありますか?

フィットネスバイクの負荷方式とは、ペダルを重くしたり、軽くしたりして運動の強度を調整するものです。

負荷方式には以下の4つあり、それぞれの特徴があります。

まずはご質問のあったマグネット式から説明します。

マグネット式

磁力を利用して、フライホールに永久磁石を近づけたり離したりすることで負荷をかける方式です。

アップライトタイプ(直立式。ほかにも背もたれにもたれたり、前傾で乗ったりするものがあります。)のフィットネスバイクに多く採用されている方式です。

マグネット式のメリット

ベルト負荷方式に比べると負荷が強く、調整幅も大きく、音も静かです。

マグネット式のデメリット

連続使用が30分程度までのものが多いので、長時間使用には向いていません。

マグネット式のフィットネスバイクはこんな方におすすめ

軽めの運動がしたいがある程度の負荷は欲しい
マシンの音が気になる

マグネット式のフィットネスバイク

ダイコー DAIKO フィットネスバイク リカンベントバイク 家庭用 DK-8604R 離島への配送不可 沖縄と北海道の送料は別途お見積もり
・沖縄・離島以外は原則送料無料です(沖縄・北海道への配送料は別途お見積もりです)・離島への配送はできません・発送後のキャンセルはご遠慮ください(実費発生の場合があります)・組立設置は有料になります(1階14,000円2階以上は別途お見積もり
ダイコー DAIKO フィットネスバイク マグネット式 手動8段階負荷 リカンベントバイク 家庭用 DK-8304R 離島への配送不可 沖縄の送料は別途お見積もり
・離島への配送はできません・沖縄への配送料は別途お見積もりになります・組立設置は有料になります(1階14,000円2階以上は別途お見積もりになります)2階以上に組立設置をご希望の方、沖縄への配送をご希望の方、その他ご質問やご要望のある方は下
ダイコー DAIKOU フィットネスバイク 組立不要 アップライトバイク 家庭用 DK-8601P 離島への配送不可 沖縄の送料は別途お見積もり
・沖縄・離島以外は原則送料無料です(沖縄・北海道への配送料は別途お見積もりです)・離島への配送はできません・発送後のキャンセルはご遠慮ください(実費発生の場合があります)ダイコーDK-8601Pはこんな方におすすめ組立不要なマシンをお探しの

ベルト負荷方式

ベルト負荷方式とは、はずみ車をゴム製のベルトで押さえつけることで負荷をかける方式です。

ベルト負荷方式のメリット

電気を使わないので置き場所を選びません。

価格が比較的安価です。

ベルト負荷方式のデメリット

負荷は軽めで調整の幅が狭いという特徴があります。

ベルトは消耗品になります。

長時間の使用には不向きです。

ベルト負荷方式のフィットネスバイクはこんな方におすすめ

初めてフィットネスバイクを使ってみようという方
日頃の運動不足を解消したい方

運動の習慣をつけていきたいという方

電磁負荷方式

マグネット方式で採用している永久磁石の代わりに電磁石を使用し、電圧を調整することで負荷をかける方式です。

電磁負荷方式のメリット

マグネット方式より負荷の調整幅が大きいため、長時間使用することができます。

多くのスポーツジムで採用されている方式です。

電磁負荷方式のデメリット

高価格帯なマシンのため、費用がかかります。

コンセントのない所では使用できません。

電磁負荷方式のフィットネスバイクはこんな方におすすめ

トレーニングを継続して行いたい方
ダイエットに本腰をいれて取り組みたい方

摩擦負荷方式

摩擦負荷方式とは、フライホイールにブレーキをあてて負荷をかける方式です。

かなり強い負荷をかけながら長時間使用できるのでスポーツ選手のトレーニングにも使われています。
摩擦熱のため使用時間の制限のあるマシンもありますが、1時間以上もの長時間連続使用可能マシンがほとんどです。

摩擦負荷方式のメリット

強い負荷を得ながら長時間使用ができます。

摩擦負荷方式のデメリット

初心者や普段あまり運動しない人には不向きです。

摩擦負荷方式のフィットネスバイクはこんな方におすすめ

ハードなトレーニングを継続して行いたい方
本格的な体作りに取り組みたい方

まとめ

今回はフィットネスバイクの負荷方式についてまとめてみました。

フィットネスバイクをご検討いただいている方の参考になれば幸いです。

今後もフィットネスに関する疑問にお答えする記事も投稿していきたいと思いますので、知りたいことなどありましたらお声をお寄せください。お待ちしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました